イメージ画像

疲れたときに発症…ヘルペスウイルスは誰でも持っている?

みなさんは、これまで疲れが溜まったときや寝不足、ストレスが溜まったときなどに「ヘルペス」を発症したということはありませんか?

ヘルペスといえば、よく口元にできたりするあのヘルペスです。
一口にヘルペスとは言っても、一般的な「口唇ヘルペス」や「性器ヘルペス」のほか、子どもがよくかかる「水ぼうそう」や「帯状疱疹」もヘルペスのひとつとなっています。

口内炎としてあらわれるものもあれば皮膚表面に出てくるヘルペスも多く、水ぶくれができて痛みやかゆみを伴う状態になってしまいます。
ヘルペスの治療には約2週間ほどかかりますが、一度ヘルペスが治ったからと言って安心はできません。

これらのヘルペスはすべてウイルスによる感染が原因となっているのですが、ウイルスは一度感染してしまうと体の中にずっと居続けてしまいます。
子どものころに水ぼうそうにかかった方が、年をとってから帯状疱疹にかかってしまうというパターンが多いのはこのためです。

ヘルペスだけでもやっかいなものですが、実はそれ以上に恐ろしい皮膚病が存在しています。

それが「カポジ水痘様発疹症」というものです。

ヘルペス+アトピー性皮膚炎=カポジ水痘様発疹症

カポジ水痘様発疹症というのは、皮膚を掻くことによってヘルペスウイルスが広がってしまい、より重い症状を引き起こしてしまう皮膚病です。

カポジ水痘様発疹症にかかってしまう方のほとんどは、アトピー性皮膚炎にかかっている方だと言われています。
アトピー性皮膚炎は強いかゆみを伴う皮膚疾患ですから、皮膚をかきむしって炎症を起こしてしまうところにヘルペスウイルスが加われば、あっという間に悪化してしまいます。

ヘルペスはぽつぽつっと水ぶくれやニキビのような発疹ができるのが一般的ですが、カポジ水痘様発疹症になると一か所に集中的に発疹ができたり、広範囲に発疹が見られるようになります。
また、この発疹は水ぶくれのようになっているため、つぶれてしまうと汁が出てきてしまって飛び火状態になることも。

しかも、この発疹は電気を通すようなピリッとした、かなりの痛みを伴うと言われています。
ヘルペスも痛みやかゆみがありますが、カポジ水痘様発疹症は一気に発疹の数が増えて悪化しやすいため痛みも強くなりやすいのです。
一度カポジ水痘様発疹症を発症してしまうとかなりの痛みのほか、場合によっては発熱やリンパの腫れなどを伴うため、患者さんにとってはとても辛い症状です。

さて、このカポジ水痘様発疹症ですが、風邪や一般的なウイルス感染症のように、人にうつったりするものなのでしょうか?

カポジ水痘様発疹症はうつってしまう可能性は?

カポジ水痘様発疹症の原因として挙げられるのが、ヘルペスウイルスとアトピー性皮膚炎との合併だということはわかりました。

ヘルペスウイルスは簡単に人から人へ感染してしまうウイルスで、一度感染すると体の中にもぐりこんで消えないやっかいなウイルスです。
ヘルペスウイルス自体も感染力が非常に高いため、注意しなければなりません。

よく、お母さんが口唇ヘルペスになっている状態で赤ちゃんを触ってうつしてしまったということがあります。
そのほかにも、夫婦や恋人、家族間など近しい関係でうつることが多く、ウイルスがついているタオルなどを一緒に使うことでもウイルスに感染してしまいます。
また、温泉や外のトイレなどでも感染してしまう可能性があると言われています。

アトピー性皮膚炎や皮膚の弱い方へヘルペスウイルスがうつれば、抵抗力が下がったりするとあっという間にカポジ水痘様発疹症を起こしてしまうというわけですね。

カポジ水痘様発疹症は入院措置も!うつらないためには?

カポジ水痘様発疹症を発症してしまった場合には、多くの場合は飲み薬や塗り薬を併用することで治療を進めていきますが、時には入院が必要となることも。

お子さんがいらっしゃる家庭や、ヘルペスウイルスを持っていないと思われる家族がいる場合にはできるだけ入院をして治療を行うのをおススメします。
ヘルペスウイルスは一度感染してしまうと症状がおさまったとしても保菌者となってしまいますし、間違ってウイルスがついた手でお子さんや家族の目などを触ってしまうと失明の恐れもあるそうです。
アトピーでもヘルペスでも、やはりあなどっては痛い目を見てしまうということですね。

カポジ水痘様発疹症にかかると、まず前述のように水ぶくれや痛み・かゆみなどがあります。
その上、高熱や倦怠感なども感じられますし、カポジ水痘様発疹症ができる場所によっては患者さんにとってかなり辛いものとなってしまいます。

周囲の家族にもうつってしまう可能性はかなり大きなものになりますから、病状を見て入院となるパターンもありますのでご注意を。

カポジ水痘様発疹症が周囲の人に写らないようにするためには、まず第一にウイルスに触れないことです。
タオルを共有しないなど普段の生活で気をつけるのはもちろんなのですが、まずはウイルスに触れたと思ったらすぐに手を洗って清潔にしておくことです。
かゆいからと言ってカポジ水痘様発疹症の水ぶくれをいじったり掻いていると、ウイルスが付着している手でうっかりあちこちを触ってしまうことになります。

ですが、ヘルペスウイルス自体は必要以上に恐れるものではありません。

ウイルスは熱や乾燥に弱いと言われていますので、滅菌だとか神経質になる必要はありません。

このページの先頭へ